Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://870shinano.blog133.fc2.com/tb.php/36-53b55ab7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

建築家Openhouseのお披露目

今日はスタッフを引き連れて弊社の提携建築家である藤木隆男先生(藤木隆男建築研究所)の設計した物件(調布S様邸新築工事)のOpenhouseを見学に行ってまいりました。木造とは思えないような斬新な造りに弊社スタッフは驚いておりました。

母屋と離れを渡り廊下で繋ぐ発想は一般的には木造では考え難い発想です。
勿論、普通ではないことを実現してしまうのが建築家の凄いところなのですが。。。
IMG_0352.jpg

模型にて全体像がわかり易く提案して貰えるのも良い!
これなら一般の人でも想像し易いですね。
IMG_0346.jpgwidth="320" height="239" />

IMG_0335.jpg

驚いたのは壁に漆喰を使用しているのですが、仕上塗りを施工しないで中塗りを仕上げとして見せている。
こんな発想も私のような普通の一級建築士では思いも付かない一味違う発想でした。

IMG_0344.jpg

リビングは全面が開口となっていて非常に明るく設計されており、中心に暖炉を配置したデザインが開口部と上手く調和している。こうした見せ方はやはり高度なテクニックだと思うのです。
都内の戸建とは思えない自然と調和した素晴らしい空間が見事に演出されていました。

IMG_0316.jpg

渡り廊下の内部はこんな感じです。

IMG_0354.jpg

外観もカッコイイデザインで、これで40坪?という位、大きく感じました。

細部まで拘って造られており、これならお客様も大変満足されているに違いないと思いました。

「建築家とつくる家」は自分のカラーを最大限にカタチにして表現して貰えることも魅力なのでしょう。

細かい納まりや材料の使い方等、今日も良い勉強をさせて頂きました。

藤木先生、お忙しい中弊社スタッフの為にわざわざ時間を割いて下さり、そして詳しく説明までして頂き本当に有難うございました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://870shinano.blog133.fc2.com/tb.php/36-53b55ab7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

hana-re

Author:hana-re
リノベーション。
千葉県柏市でリノベーションを建築家とつくるリフォームとして展開中。千葉県柏市のリノベーションは「HANA-RE」へ。お問い合わせはこちらから

〈代表者プロフィール(佐々木功也)〉

建築・不動産コンサルタント、
一級建築士

1969年群馬県前橋市出身。
中央工学校建築設計科卒業後、
椎名建設工業株式会社入社。
同社退社後ノーヴァス建築設計事務所
を経て株式会社松本組入社、
同社在籍中に一級建築士取得。
1998年株式会社信濃入社、
建築事業部、
デザイナーズリフォーム事業部、
SHハウス事業部を立上げる。
2006年同社代表取締役に就任、
2007年デザイナーズリフォーム
HANA-RE≪はなれ≫を立ち上げる。
松戸商工会議所、
不動産コンサルティング林流所属。
趣味はスキューバーダイビング、
スキー、ギター。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。